比類ない自然環境

エル・ティロ農園はエストレマドゥーラ州カセレス県北東部に位置するジオパーク、ビリュエルカス・イボレス・ハラに広がっています。

標高800メートルに位置する35ヘクタールのオリーブ畑では、山岳地方の厳しい気候や地形に適したコルニカブラ種が9,000本栽培されています。農園に冠された《エル・ティロ》という名は、世代を超えて農園のオリーブの木々の成長を見守りつづける見事な菩提樹の古樹に由来しています

私たちに関しては

豊かな自然環境

エル・ティロ農園には約30ヘクタールにおよぶ手つかずの自然環境が残されています。さまざまな低木のほか、ジュニパー、カシ、コルクオークなど地中海沿岸地方の森林に典型的な保護樹木が生い茂り、さまざまな固有種の動植物が生息しています。

敷地内を流れるイボール川沿いは野生動物が豊富なことで知られ、農園のまわりには鹿やイノシシ、キツネが出没するほか、最近まで絶滅の危機にあったイベリア半島原産のネコ科動物であるイベリアオオヤマネコも姿を現します。

持続可能な農業

エル・ティロでは持続可能な農業を実践しており、農園の活動に必要なエネルギーはすべてソーラーパネルで生成しています。

オリーブ畑では自然の植生を維持することで雨による地面の浸食を防ぎ、水や栄養分の保持を促進し、土壌中の有機物の増加を促しています。

私たちの石油

¿Te animas a conocer la finca?

¡Escríbenos!